採用情報 English

アスベスト処理工事

石綿飛散をシステムで防止します。


日本トリートでは、法律で定められた規定に従い周辺環境および作業従事者の安全確保に配慮したアスベスト(石綿)処理工事を実施しております。

アスベストとは

アスベストの蛇紋岩や角閃(かくせん)石から取り出した極細繊維状の天然鉱物で様々な種類が存在します。現在ではクリソタイル(白石綿)、アモサイト(茶石綿)、クロシドライト(青石綿)の他にアンソフィライト、トレモライト、アクチノライトの合計6種類が建築材料としてボイラーや暖房パイプの被覆など、まだまだ多くの建物、製品に使われています。

アスベストについて、詳しく知りたい方へ [ PDFダウンロード ]
アスベストとは

石綿飛散を防止するアスシール工法

アスベスト(石綿)の人体に与える有害性は深刻な社会問題となっています。また、除去方法にも多くの問題点が残されており、日本トリートではこうした状況を改善するために、処理方法によって石綿の飛散を防止する アスシール工法 (アスシールSi1/Si2/Si3)を開発し、責任を持った施工体制を確立しています。
石綿飛散を防止するアスシール工法

アスシール工法の特徴

  • 処理薬液は無機質水系で石綿の結束性を高め、飛散を防止。
  • アスシールは除去工法、封じ込め工法、囲い込み工法のいずれにも対応可能。
  • 責任施工体制を確立しており、関連法令を守り外部汚染などの心配はありません。
アスシール工法の特徴

アスベスト調査

診断・分析・環境測定

建築物、工作物におけるアスベストを大規模調査(再開発、プラント等)から戸建まで規模に関わらず調査を承ります。建材分析については結果によってその後の対応や費用が大きく分かれるため、最高水準の高い技術制度で実施しております。
アスベスト調査
アスベスト除去から内装工事、断熱材の復旧、解体工事まで、ご要望に応じてトータルでの作業を承ります。
各種付帯工事 各種付帯工事