採用情報 English

ブラスト工事

バキュームブラスト工法


バキュームブラスト工法は、アルミナやスチールグリッドを噴射することにより、様々な用途に活躍します。

バキュームブラスト工法とは

本工法は、コンクリート表面の劣化した部分や鋼構造物の旧塗膜、錆などに対して直圧式サンドノズルを使い研削、剥離にて下地処理、素地調整を行うものです。大きな特徴として処理加工と同時に粉塵、研削材、塗膜片等を飛散させることなく集塵回収ができます。
回収された粉塵、研削材、塗膜片はサイクロン式のタンク内で分別され、研削材は加圧タンクへ送り込まれ再噴射用としてリサイクルを図り、その以外はダストコレクターに回収されます。これにより、発生する廃棄物量が減少でき吸塵装置も備えているため、従来のオープンブラストと比較して換気設備や養生等も簡便に済ますことができます。
対象に合わせ様々な研掃材での対応が可能
対象に合わせ様々な研掃材での対応が可能
[橋梁塗膜・錆 除去工]  鈑桁橋梁施工状況
[橋梁塗膜・錆 除去工] 鈑桁橋梁施工状況

バキュームブラスト工法のメリット

機材設備がコンパクトで軽量 高品質な仕上がり
高い安全性 低騒音/低振動
粉塵回収システム 優れたコストパフォーマンス
バキュームブラスト工法の比較

バキュームブラスト工法の主な活躍フィールド

素地調整工
素地調整工
防滑処理工
防滑処理工
落書き除去工
落書き除去工
表面処理
表面処理
本工事と併せて内装工事、断熱材の復旧、解体工事まで、ご要望に応じてトータルでの作業を承ります。
各種付帯工事 各種付帯工事