採用情報 English

内圧充填接合補強工法

建物の強度を甦らせる唯一の高密度充填工法。


微細なコンクリートクラックの隅々まで行き渡る、一般的な工法を凌駕する強度復元力。土木学会より技術評価を得た補強作業を実施しております。

内圧充填接合補強工法とは

コンクリート構造物は、地震という物理的な原因のほか、中性化・アルカリ骨材反応という化学的要因によって経年変化し、強度を減衰させていきます。その復旧に際しては、莫大な費用を伴わない補修方法として「自動式低圧樹脂注入工法」が多用されています。
しかしながら、この注入工法はコンクリート内部構造にまでは達するものではなく強度において不安を残します。
そんな「自動式低圧樹脂注入工法」の弱点である「強度復元力」を徹底改良したのが「内圧充填接合補強工法」です。本工法では穿孔穴の内部から注入された樹脂がコンクリート躯体内で放射状に拡散することにより、末端の微細クラックまで充填することができます。この画期的な特徴は、鉄筋とコンクリートの付着強度を高めるだけでなく、高い防錆効果をも実現。唯一の高密度充填工法として土木学会の技術評価を得ています。
内圧充填接合補強工法

注入イメージ

注入時にクラック内の空気が反力エアーとして外部へ放出されます。これにより躯体内部の空気圧が高まることを防ぎ、注入剤の自然な浸透が阻害されずに行えます。

主な用途

土木 トンネル・ダム・堤防・擁壁・橋桁・橋脚・床版
建築 建築基礎・外壁・構造壁・地下室・レンガ・タイル下地
構造物 パイプライン架台・タンク基礎・ネットフェンス布基礎
事前のひび割れ調査につきましても独自の調査機器と統計データから、現場の状況に沿った報告を致します。
パグフィルター除染
注入硬化養生(IPHカプセル)
煙突内除染
完成(橋梁全体)
本工事と併せて内装工事、断熱材の復旧、解体工事まで、ご要望に応じてトータルでの作業を承ります。
各種付帯工事 各種付帯工事